CACAOの暮らしメモ

40代、時短労働で生きる道。ちょっと変わったライフスタイル。

急な 雨ニモマケズ

朝、出勤時に突然の大雨で、

まさに、

rain  cats and dogs! 

バケツをひっくり返したようなんです。

傘なしで猛ダッシュする人をみかけましたが、私は、そそくさと閉店している店の軒下で雨宿り。5分ほど待ってから、歩き始めました。

なにせ20分近く歩くので、行きに猛ダッシュをしたりして、体力を消耗をしては私の体はもちません。

 

 (ヒメオウギズイセンでしょうか、濃いオレンジが夏に映えます)

f:id:hyakuyou:20180707142322j:plain

 

しかし今日は、帰宅してからも疲れがひどく、料理を作る気力がなく、

夕飯は、夫が作り置きしておいた夏やさいのおかずをつまみにビールを飲みました。とれたのはナスと、おくらと、ししとうと、青とうがらし、それに豚肉をいためたのを漬け込んで冷したもののようです。

冷したおかずはこの時期おいしいですよね。

とうがらしって、たいてい乾燥したものをつかいますが、とりたての生とうがらしをそのまま炒め、ぽりっとかじった「辛み」は、なんとも言えずうまいのでこの夏はやみつきになりそうです。

 

今日は、宮沢健二の雨ニモマケズの一節を

ふと思い出しました。

「丈夫な体」はもっていないけれど・・・。

時折読み返すと心が洗われるようなのです。

 

宮澤賢治 〔雨ニモマケズ〕

  

にほんブログ村テーマ ちょうどいい暮らしへ
ちょうどいい暮らし

 

☆ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ