読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE WITH CATS

足もとに咲く花

オキーフの暮らしぶり

気になる女性、ジョージアオキーフ(1887-1986)の伝記を紹介します。大輪の花や、動物の頭蓋骨を描いたことで人気がありますね。 美の20世紀〈13〉オキーフ (美の20世紀 13) 作者: ジャネットスーター,Janet Souter,山梨俊夫,木村理恵子 出版社/メーカー: 二…

自分に似合う和の色

ふだん、仕事では黒かグレーのスーツを着ます。 家に帰ると白いTシャツと紺の短パン・・・シンプルなものです。 そういう日々が長く、続くと、自分の服の色を深く考えなくなります。 自分が何色をきたら素敵に見えるかなんて考えたところで実践する場がない…

明治生まれの女の人

雨の土曜日、遺品の写真を整理しながら、実家の本棚でみつけた沢村貞子さんの本を読んでいました。 暮らしの手帖社が発行した本です。装丁が美しいですね。 「女性は女性作家の、男性は男性作家の本を好んで読む」といわれますが、私は、昔の女性の作家の本…

予期せぬこたえ

こんばんは。 昨夜は、不思議なことがあって、眠るのが遅くなりました。 寝床に入って、読みかけの本を広げたら、「霧」やら「霞」やらの文字が、目に飛び込んできたからです。えっ???と思って、目をこすって読んでみると、まさに前回、話題にしていた、…

毎日書くこと

こんばんは。 ブログをスタートしてどれくらい経ちますか?私は、2か月が経ちました。文章を書くのも楽しくなってきましたが、その一方で、毎日書くのは、けっこう大変だなあと実感しています。 作家、よしもとばななさんは、「書くこと」についてこう述べ…

ちいさな発見

雨が上がって、ひんやりとした空気を感じながら歩いていたら、小さなリスが二匹、電線を渡っていくのが見えました。まだ子リスのようで、なんだか動きが危なっかしい。下には、車がびゅんびゅん通っているから、(落ちるなよ~)と心の中でさけんでいました…

本棚には、どんな本を残しますか?

(参照:居候匇々 内田百閒集成14 株式会社 筑摩書房) 先日紹介した『居候匇々』(著 内田百閒)は、私の本棚にずっとある本の一冊だ。 この本を、偶然、古本屋でみつけたとき、版画家、谷中安規(やすのり)氏が、挿絵を担当していて驚いた。内田百閒の本に…

読書に何を求めますか

こんばんは、 活字本が苦手な方が克服する方法についてのご意見を目にしました。 本を読むのは、本になにかを求めているから読むのだと思います。 だから自分のいまの状態を振り返って、自分に何が足りないのか・何を欲しているのかを洗い出すと、本を読み進…

ポップコーンを作って本を開こう

人間関係ですこしくらくらして、今週は疲れた。 天気の良い休日だ。4時くらいから、西日がぎゅぎゅっと当たる寝室で、ベッドに寝転んで本を読んでいた。日差しはじりじりきついが、窓をあけると、ひんやりとした風がはいってくる。こういう時間帯に、裸足で…