SIMPLE LIFE WITH CATS

仕事は少なく、自分の時間を多く持つ生活をしています。

部屋を整えるたったひとつのルール

結婚してから、20年以上経ちますが、出会ったころの夫の家は汚部屋。大変煩雑な状況でした。その状況は・・・ちょっと伝えられない。まあでも、独り暮らしの男の人の押入れの布団がかびて、きのこが生えていた、なんて話もききますからね。それで、男の人ってそんなものかな、ぐらいでしたが、男性でも整理整頓された部屋を好む方もいるんですよね。

それは男女関係なく、個々の性質の問題で、許される範囲というのはあると思います。例えば、机の上がすっきりしているよりも、資料が山積みになっていて、「この山が~~関係、この山は・・・。」というように、自分の中では整理されているという人もいます。

しかし、たとえば本やじゅうたんがかびていたり、不衛生で生活に支障が出る状態になっていきたらやはり問題だと思います。

同居して、個々のデスクの周りは自分のエリアとして、煩雑になっていも、いちいち、目くじらはたていませんが、犬猫がいるので、始めのころは、いわゆる不衛生なラインにはならないように気を付けていました。それでこんなルールを決めています。 

物の居場所をはっきりさせる

そして、そこに、必ず戻す。これは、よく言われることかもしませんが・・・ポイントは、その物の形状にぴったりとした(=他のものは入れにくい)居場所を作ってあげることです。下は手作りの棚ですが、ツッパリ式の棚をつけて、クッキングシート、サランラップ、はかり、めんぼう、トレイなどをぴったりとしたスペースに並べています。見せる収納で、扉を開け閉めする手間がないですし、サイズが違うものもさっと取り出して、もどせます。横にずらっとたくさん収納できますしそんなに目立ちません。

 

f:id:hyakuyou:20140320102026j:plain

  • 下は猫のフード、沢山いますので、左は、個々の医療用のフードなどを筒形のケースにいれてわけていれています。朝と晩いそがしいときにニャーニャーせかされて準備するのですから、一番取り出しやすい場所に
  • フードの右は浅めのかご。DMや請求書、レシートいれなど一時的に置く場所をつくっています。2週間に一度くらいまとめて家計簿に入力して捨てています。
  • 下の段には大きめのよく使うお皿を立てて収納しています。取り出しやすくて便利。
  • 下は、トレーの裏に磁石のテープを貼って、冷蔵庫にぺたんとつけています 違うトレーに換えると模様替えにもなります。

f:id:hyakuyou:20140302193754j:plain

最初にもどりますが、物の居場所を作るとき、ざっくりではなく、よりはっきりとさせることが大切だと思いました。ざっくりと「この引出に紙類を」にしておくと、整頓の苦手なタイプの夫は適当に投げ込むのであっという間に煩雑になりました。

整頓が苦手な人との同居で悩んでいる方、お子さんにお片づけを教えるときなど、参考になればうれしいです♪