SIMPLE LIFE WITH CATS

住まいを整える

土鍋でカオマンガイを作ってみた

f:id:hyakuyou:20160511203311j:plain

土鍋で炊いてみたカオマンガイ

土鍋でカオマンガイを炊いてみました。(写真で見ると結構地味(^_^.))東南アジアの国々で食べられているチキンライス、カオマンガイ、最近では簡単に作れるスパイスが販売されているようです。

(ほほー久しぶりに食べたいなあ)と冷凍の鶏モモ肉があったので、帰りがけにネギ一本買って、腹ペコのお腹ですぐ、米を研いで作りました。炊飯器で肉を入れて作るのが手軽らしいのですが、うちは、炊飯器がないので、いつもの土鍋に肉をいれてたいてみました。本場は、ジャスミン米などサラサラに炊けるお米ですが、日本のもちもちのお米で炊いてもおいしいですね。

鶏と、しょうがと、ナンプラーと、ネギの緑の部分と、チキンスープの素などを入れ、炊きました。ふたを開けた直前は、ナンプラーの独特の匂い~(明日の弁当にもっていこうとおもったけど、ダメかなー?)と思いましたが、冷めたらそんなでもなかった。やっぱり明日のお弁当にもっていこう。

たれは、あまっていた焼き肉のたれにりんご酢や、ナンプラー、しょうがとねぎのみじん切りや、サトウキビの砂糖、とうがらし、などを混ぜて記憶を頼りに適当にまねてみた。夕飯には、トマトとブロッコリーを添えてご飯は少しだけ、おつまみにぴったりです。

 

きちんと作られている方のレシピを参考に・・・。

cookpad.com

懐かしいタイの思い出

タイには、ずいぶん前の話ですが、ホームステイのような形で、民家に数か月お世話になっていたことがあります。チェンマイなど北部の方ではもち米、海辺では魚料理、中華系の方が多いところでは、米の麺、焼き鳥・・・など。地域によって特徴があり、アジアの料理は、どれも、日本人の好みにあうなあ、と思いました。魚で作ったナンプラー(魚醤)は日本人も好きだと思います。しかし、日本と異なるのは、甘辛+酸っぱいものが多く、家庭料理では大人はとにかく辛いもの、トウガラシをばりばり食べちゃうぐらいからいものを好みます。

ジーンズをはいていると股にあせもが出来るくらい蒸し暑い気候で、衛生面に配慮されて作られてきた食事なのですが、私は10歳ぐらいの子供といっしょの味付けの物をいただいていました。少し写真をのせます。控えめな方が多い印象でしたが、笑顔がとても素敵な国です。大好きな国、こんな笑顔が末永くみられる国でありますように。 

f:id:hyakuyou:20160511213953j:plain

 

f:id:hyakuyou:20160511213932j:plain

(タイの市場にて、掲載許可済)