読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE WITH CATS

足もとに咲く花

机の上から整理整頓を

住まいと暮らし 収納

f:id:hyakuyou:20160521105146j:plain

こんばんは、梅雨にはいって過ごしづらい季節になりました。今回は、整理整頓について書いてみました。

 

探し物が多い人は、まずは、机の上の整理整頓をするとよいかもしれません。広い場所を手がけるのはたいへんなので、とりあえず、狭い空間で。


自宅や職場の机の上のものを確認しましょう。ペン、メモ用紙、光熱費の請求書、プリンター、デジタルカメラスマホ、電子辞書、名刺ケース、えんぴつ削り、けしごむ、計算機・・・何がありますか?以下の3点に分けられると思います。

  1. 毎日使うもの=卓上のどこに置くかを決める
    筆記用具、メモ、鉛筆削り、など、右利きの人は右側に置く
  2. 不定期だけど使うもの=書類などは期限を決め、それ以降は他の場所へor廃棄
    使用頻度が少ないものは、引出しなどに
  3. 使わないもの=今すぐ廃棄

机の上に自由に使えるまっさらなスペースを確保しましょう

 置く場所があると、何でも置いてしまう人が周りにいませんかいませんか?私の夫がそうです。机の上は常に、いろいろなもので溢れています。そういう人は大抵、毎日ものを探します。私に尋ねてきたりもします。置き場所がある⇒なんでもおく⇒積み重なる⇒どこにあるのかわからなくなる、という具合です。

 私の場合は写真のスペースで、ここで、仕事もしますが、裁縫などもします。刺し子の刺繍などはPCのエクセルで作った構図をみながら針を刺しています。モニターを後ろにさげて、ミシンがけもします。スペースがあると、いろいろなことが落ち着いてできるんです。 

 会社でも、整理整頓ができていない机の人は、いつも何かを探していますよね。作ってもらったばかりのプレゼンの資料を、出がけに見当たらないと慌てている上司とか・・・。見つかればよいですが、いつもうまくいくわけではありません。傾向として、提出期限のある書類を処理するのを忘れたり、メモ書きをなくして、伝達がうまくされていなかったり、とトラブルが起きる確率が高いようです。顧客との契約書、連絡先、稟議書、報告書、記憶媒体・・・紛失したら、会社としての損失にもつながるでしょう。

 また、時間もむだになります。 例えば1日の中で5分 毎日何かを探しているような人は、年間 1825分、約30時間も、ものを探すのに時間を費やしているという計算になります。同じ5分を費やすなら、私なら、あくせく何かを探して緊張するより、ぼーっとしたり、お茶を飲んだりして、リラックスしたりする時間に使いたいです。逆に言えば、ぼーっとしてても事が滞りなく進んでいる人は、効率の良い時間の使い方ができているのかもしれませんね。

 まあ、しかし、夫に言っても、少しは、よくなったぐらいです。(それは、それで)と思っている人には、強制しないですよ(^_^.) でもこうして、ブログに書いちゃうくらいだから、私の中では、ストレスになっているのかもしれませんね。また物が積み重なっている・・・やれやれ。今回まとめたこと、プレゼンしてみたいと思います。