読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE WITH CATS

足もとに咲く花

不寛容な脳

雑考

f:id:hyakuyou:20160423182240j:plain

 人はもともと、不寛容な脳をもつという。
こんな実験結果があるそうだ 。年齢、性別、経歴に関係なく、無作為に選んだ人に、ある人には黄色、ある人には青のシャツをきてもらい過ごしてもらう。その間、「青 の~さん」と「黄色の~さん」と、呼び合ってもらう。すると、異なる色の人を下に見る言動が増えてゆくそうだ。

 人は必ずどこかに属している。FBのプロフィールやブログのタイトルに大学名を入れる人がいる。所属への欲求、そこからくる団結心?もしくは、周りよりすごいといういうアピール? 

 異なる種類の者に対する不寛容さは、人間関係に溝を作る。結婚しているとかしていないとか、仕事があるとかないとか、お金があるとかないとか。彼氏がいるとかいないとか・・・。そこには劣等感という感情がある。(私なんかだめだ。あの人とはちがう。あの人のようになりたい・・・。)劣等感は、人を強くしたり、やる気を起こさせたり良いことに作用することもある。しかし、誹謗中傷や事件などの誘発剤にもなりうる。良いこともあれば、悪いこともある。

 英語には「agree to disageree」ということばがある。建設的にものごとを解決したいなら、人間にはそういう性質があることを、頭の隅に置いた上で、丁寧に話を進めるとうまくいくことが多い。