古き良きもの☆着物

f:id:hyakuyou:20150114022830j:plain

古いけど良いもの

 「奮発して買ったのに、今は着ていない」「祖母のものを受け継いだけれど誰も着ない」「年齢にあわなくなった」「維持していくのが億劫」「けっこう古いけれど、良いものなのよね」・・・いらない、だけど捨てられない。

 頂き物や古い着物は世の中にあふれているようです。着物を多く持つ方は特に「買うこと自体が好き」という方も多いようなのです。そんな反物や、着物をいただいて自分なりに工夫して着ています。

 着物は、36センチ幅の反物を4メートルも使って作られます。ワンピースだって、こんなにたくさんの絹を使って作られません。蚕の繭を、窯でゆでて、糸状にしておられているので、絹という動物性の素材には、本当にたくさんの命が使われているのです。

帯にリメイクしてみる

 着物は着方によってある程度サイズの調整ができるので、お下がりなどでもそのまま着ることができますが、シミがついたものや、部分的にいたみがあるものなどは、ほどいて帯や、バッグなどにリメイクしています。上の写真は、シミのある絞りの羽織をほどいたものです。中に織り込んである布や、裏地など、見た目の模様とは異なる色々な種類の生地が大きく取れます。ほどくと長方形の布が大きくとれるのでリメイクには最高なんです。リバーシブルの帯を作ってみました。藍色の紬の着物に、合わせています。

銀座結びという結び方です。

f:id:hyakuyou:20150101001516j:plain

お太鼓結びです。

f:id:hyakuyou:20150101002111j:plain

まとめ

 古くて良いもの、和のものをみつけると、こんな風に、すこし手間をかけて生活に取り入れて楽しんでいます。

 仕事では黒かグレーの定番のスーツ。普段着は、ぼろTシャツとジーンズ。私服でワンピースやスカートは持っていないという、おしゃれに乏しい私ですが、ワンピースを着る感覚で着物を着てでかけると、いつもと違う気分でおでかけを楽しめます。着物の藍や紺色は、日本人の髪や肌の性質に似合う色だと言われています。

 箪笥のこやしになっている着物が身近にありませんか? 聞いてみると結構あるものです。着物のオークションサイトや骨董市などでも2000~3000円で販売されています。興味のある方はチェックしてみてください♪