SIMPLE LIFE WITH CATS

住まいを整える

毎日書くこと

こんばんは。 

ブログをスタートしてどれくらい経ちますか?
私は、2か月が経ちました。
文章を書くのも楽しくなってきましたが、その一方で、毎日書くのは、けっこう大変だなあと実感しています。

作家、よしもとばななさんは、「書くこと」についてこう述べています。

「旅行に行って10日くらい書かないことはありますけど、そうすると10日分へたになったなと思います。ピアノと一緒なんでしょうね。書くと言うベーシックな練習は毎日しないといけません」(よしもとばなな)(『文章のみがき方』辰濃和夫 岩波新書

驚きでした。作家さんでも、練習を怠ると、へたになると思うのですね。ばななさんの作品はいくつか読みましたが、書くこと自体について述べた文章は読んだことはありませんでした。そのような気持ちであれらの作品に取り組んでいたのかと思うと、親しみがわきました。そしてまた作品を読み返したくなりました。

☆☆☆

本について

前回もご紹介した『文章のみがき方』はタイトル通り、文章を書くことについて、書かれたものです。「1.毎日、書く」「2.書き抜く」「3.繰り返し読む」・・・など、三十八の章で構成されています。作家だけではなく、さまざまな方の言葉の後に、著者の感想が書き添えられています。

ノウハウ本ってあまり読んだことがないのですが、これは夫の本棚でみつけて、手に取りました。ちょうど、文章を書くのが「遅い」とか「まとまらない」とか嘆いていた時だったので、このタイトルが、ビビッ!と目に入ってきたわけです。何気なく開いたら、これがおもしろい。

「それで、書く方はどうなったの?上達したの?毎日書いてるの?」と聞かれれば、答えに困りますが・・・

「読む」方はまた違った角度から楽しめるようになりました。

それでは。 

文章のみがき方 (岩波新書)

文章のみがき方 (岩波新書)