七夕と風鈴と

日が過ぎましたが、七夕でしたね。

由来はいくつかあるそうですが、「裁縫やはたおりが上達するように祈る中国のお祭りから由来している」ことは、最近になって知りました。

今日8日から平塚七夕祭りです。昨年は、天候が悪かったのにもかかわらず、3日間で145万人もの人が来場したそう。

f:id:hyakuyou:20090705141225j:plain

このように、大きな吹き流しや、その年話題になったものをモチーフした飾りなどで、商店街がはなやかに彩られます。

2009年には、ポニョと赤べこがいましたよ。かわいらしいですね。

f:id:hyakuyou:20090705141835j:plain

  行くまでの混雑もすごいので、年齢とともに、足が遠のいてしまい、ここ数年は行っていません。この写真を見て、また、いきたくなりました。

【公式】第66回 湘南ひらつか七夕まつり

7月下旬は風鈴市へ

風鈴。

最近では、軒先に下げているお宅も少なくなりました。

時々、風鈴を求めに川崎大使の風鈴市にでかけます。

f:id:hyakuyou:20120722154153j:plain

今年は、「北は北海道から南は沖縄まで、全国47都道府県より、 900種類、 30,000個の風鈴が勢揃いする」そうです。こんなにたくさんの風鈴を一度に見られる機会はなかなかないです。

川崎大使と言えば、だるまが有名です。

f:id:hyakuyou:20100718112429j:plain

このだるまをモチーフにした風鈴もあります。

f:id:hyakuyou:20100718114040j:plain

私もひとつ、購入しましたが、決めるのが大変。

風鈴市では、幅広い年齢の方が浴衣を着ているのをみかけました。シックな浴衣の老夫婦もいます。若い人だけでなく、みんなが浴衣を着ている風景って楽しいです。私も毎年数回 は夏の行事に浴衣ででかけます。

ぶらぶらしたあと、冷酒でもの飲みながら、江戸前の寿司や、穴子料理を食べる。大人のデートにいかがでしょうか。

7月の下旬に催されます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。 

www.kawasakidaishi.com