雨の夜、室内で体操を

f:id:hyakuyou:20150508194435j:plain

涼しい夜。

散歩に出たら、すぐに、雨が降ってきてしまいました。
仕方なく、家にもどりましたが、なんだか手持ち無沙汰です。
(歩こうと思って、少し多めにご飯も食べたのに・・・。)
部屋を少し暗くして簡単な体操とヨガをしたら、気分もすっきりしました。

 歩く代わりにおこなったのは、お尻歩きです。足を前に投げ出して座り、お尻を左右交互に出して進むだけです。座骨(左右のでっぱった骨)で歩くイメージです。数えながら10前に進んで、10戻るを3回ほど繰り返します。簡単な動きですが、骨盤が固くなっている方はなかなか前に進まないようです。

骨盤がほぐれると、肩甲骨のゆがみも整います。血行をよくするので、肩こり、便秘、むくみの解消、基礎代謝を上げるのにもよいそうです。

この体操はヨガの教室で習いました。他にも室内で気軽にできる体操を、いくつか覚えて、実践しています。毎日無理なくするには、複雑なヨガのポーズよりも簡単なものの方が長続きするようです。

体操やヨガをする時、大事なことは、(脇が伸びている)(下腹部に力が入った)など、どこの部分に効いているのかを意識して行うことです。

伸ばす目的の体操は、勢いで伸ばしてはいけません。無理のない程度に伸ばした状態で、深い呼吸を繰り返し、伸びている感覚を味わうのです。腰の曲がっている方も、繰り返すことによって、だんだんと背筋が伸びてくると言います。

関節は、年齢とともに可動域が狭まっていくそうです。体操によって、少しずつ可動域が広がり、体がしなやかになっていくそうです。

 

※例えば、このポーズは下腹を引き締めるお気に入りのポーズです。テレビを見ながらでも簡単にできますね。

「10秒間プチヨーガ」ダイエット―ストレスなしでらくらくやせる方法! (双葉社スーパームック)