読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE WITH CATS

足もとに咲く花

世話要らずの庭 金魚の役割

緑と水辺

 f:id:hyakuyou:20160729173133j:plain

の水は、雨が降ると、少しずつ地面に、こぼれ出るようになっています。
水には金魚のフンなどをバクテリアが分解しきれなかった、窒素分が豊富に含まれているので、こぼれた水は、周りの植物の養分になっているようです。水が良くいきわたる場所の植物は、生長が早く巨大化しています。

水耕栽培はご存知ですか?
お茶パックや、プラカップ、ペットボトル、牛乳パック、卵のパック・・・などに、綿や砂利をいれ、空芯菜や、ミツバ、ルッコラコリアンダー・・・など、さまざまな植物を育てることができます。
最近では、室内の片隅で楽しむ方もふえているそうです。
キッチンの片隅でハーブを育て、お料理の時につまんで使う・・・節約にもなりますし、見た目も素敵です。ご興味のある方は「水耕栽培」で検索してみてください。

それを応用し、水槽の上にプランターを設置して、栽培をされている方もいるようです。検索してみると、様々な工夫をしているブログがあり、(日本人は、凝り性。工夫とアイデアもすごいなあ。)と感心します。
最近では、水槽の上にプランターがついている、海外製品も販売されています。

☆☆

黄色いレモンちゃんも10センチ以上になりました。

みな、大きく育ってきて、フンもたくさんしていることでしょう。
しかし、金魚は、水を汚し、草を水なんでも食べてしまうので、スイレン鉢などの小さなものには、メダカの方が良いとも言われています。たしかに、たえず、動いて池の壁についた藻や、蓮の葉の裏や根のところを、ついばんでいます。

そして、池の金魚は動きがすばやいです。
私が寄っていくと、写真のように、ゆらゆらと揺れながら、水面にお顔をあげてかわいらしく近づいてきますが、ハトが水辺に飛んできたときには、シュン!シュン!という音が聴こえそうなくらいのスピードで、俊敏に、逃げていくのを目にしました。
「野生にもどる」とでも、いうのでしょうか。

ふつうの魚みたいでした。