読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE WITH CATS

足もとに咲く花

世話要らずの庭 シダのひみつ

緑と水辺

f:id:hyakuyou:20160727131119j:plain

雑草の庭を眺めていると・・・ 

様々な雑草の中に、シダが密集している小さなエリアをみつけました。それらを残すようにまわりの雑草を抜きとって放っておくと、1か月後、シダが驚くほど増えました。写真は、そのようにしてできた、シダのエリアです。
葉のかたちも美しいし、涼しげですね。
空気をきれいにするエコプラントで、観葉植物としても人気があるそうです。

シダは、花が咲きませんので、種も作りません。
では、どのようにして増えるのでしょう?

葉の裏をみると、ぽつぽつと丸いものがついています。これは、胞子のうというもので、それらが、はじけて、地面で発芽します。

胞子が発芽すると1センチほどのハート形の前葉体ができます。そこで、精子と卵がつくられ、受精し、発芽します。それらが生長し、ようやく、シダのかたちになるのだそうです。

葉の裏には胞子のうがびっしり。水や肥料をあげていませんが、自分で、胞子をまいて、どんどん殖えていくようです。
周りの雑草を抜いてから放っておいて、よかった。こまめに他の雑草を取り除いていたら、前葉体も摘み取っていたかもしれません。

他の子たちとは少し違うのね・・・と感心して眺めていました。