読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE WITH CATS

足もとに咲く花

帰宅して3分の間でささっとできるお片づけ

こんばんは。

病気で寝ているしかない間に、暮らしと家事と生活のことを横になりながら、考えていました。「人間の行動と、家事の効率化」とか、「海外での生活経験から見られた各国の生活様式の違いと住居環境の違い」などがテーマです。

仕事から帰って、玄関の扉を開けてから、疲れがどっとでる前の自分の行動を思いかえしてみました。短時間の間に、いっきに様々な「片づけ」をやっているなあと。

  1. 郵便物を取る
  2. 靴を脱ぐ⇒下駄箱にシマウ
  3. 鍵を鍵用フックにかける
  4. 手に持っていた郵便物を仕分ける⇒カゴ2個orゴミ箱
  5. バンから水筒などとりだして流しに
  6. 服を脱ぎながら寝室へ
  7. バンをフックにかける⇒明日、違うカバンを使う場合はこの時に、財布などを移しておく
  8. スーツを脱ぐ⇒クローゼットにかける
  9. 部屋着に着替える
  10. 脱いだ洗濯物を洗濯カゴに入れる
  11. キッチンに戻り、猫6匹にご飯を出す・・・

これら一連の行動を一筆書きのように移動しながら行います。(洗濯物をしまう、カーテンを閉める、なども、場合によってこれに組み込まれます)

それからは、しばし、猫がご飯を食べるのを眺めながらしくつろぎます。その後に、猫トイレの掃除、夕飯のしたく、などがまたはじまるのですけれどね。

 

もし、DMが日々、下駄箱の上に積まれていったら、ふと来客がきても見苦しいし、私の性格だったら、もう片づける気がしない。だから毎日ちょこっとの片づけを習慣化してしまうことで、生活が、維持できているんだなあ、と思います。

 

例えば、手にしたいくつかの郵便物には・・・

請求書などの大事なもの、DM、通販の雑誌、地域の振りペーパー、不動産の広告・・・など、様々ですね。それらを短時間で分別します。

請求書や、転居のお知らせはがき、手紙など、大事なものは下のような、カゴにポイっといれます。レシートなども青いチャックの入れ物に入れておき、たまって入らなくなったら家計簿ソフトに入力します。だから小さめ。

f:id:hyakuyou:20170213000156j:plain

通販の雑誌や、不動産広告や、捨てたいものは大きな容器にといあえずポイします。余裕のあるときにチェックして、いらないものは、資源ごみにします。

f:id:hyakuyou:20170213000534j:plain

瞬時にいらないと判断できるDMなどは、ゴミ箱にポイします。

これらのカゴやごみ箱は、みな、そばにあります。

他の動作も、あっちこっちに行かないように一筆書きの動きでできるようになっています。体が弱いし、怠け者なので、なんとか、他人様と同じ量のことができるように工夫しています。

「自分の日頃の行動を考えなおして、効率よく動けるように家の中を改良していく」

これはきっと皆様に有効かな、と思います。

一度自分の行動をメモにとってみて、動きが悪いところをチェック、「こうしているから効率が良い」という点を把握しておけば、居住地が変わった時に、自分でフックの場所や、収納する場所が具体的にイメージできて、容易に決めることができます。

こういったことを意識しなかった既成の新居、あるいは、新婚さんのはじめての二人暮らしなどは、最初のうちは、「きれいだけど、なんだか落ち着かない。住みづらい。ストレスになる。」と、感じてしまうのかな、と思います。