キッチンの調理器具を立てて収納

開き戸のキッチンから、引出し式のキッチンになったので収納の方法が変わりました。開き戸には、扉の裏にフックがついていたので、そこに引っ掛ける収納が一番便利でした。今回、フックがないので、とりあえず、立てて収納してみました。引出しの隅に置きます。

f:id:hyakuyou:20170603142938j:plain

中にはクリアファイルを丸めてホッチキスでとめたものを入れてみました。クリアファイルは、資料や書類をいただく度に増えてしまうので活用できて丁度良かったです。

 

f:id:hyakuyou:20170603142509j:plain

 

菜箸などを入れるところを細い筒、木べらなどは太い筒にするなど、入れるものにあわせて、筒の大きさ、長さを調整できます。

入れ物は、紙の書類ケースでも段ボールでも、高さがあれば何でも良いです。そこに、サランラップのロールや、ペットボトルなどをわっかに切ったものを入れても良いと思います。

しかし、「お箸は、横置きの方が長持ちする」とお箸屋さんが言っていました。見た目には乾いているようにみえても、下に水分がいくので、黒く変色してしまったりするからです。木製のものは横置きで、良く乾かしてから、収納した方が長持ちするようですので、気を付けようと思います。

計量スプーンや、ピーラーなどの短いものは、ワイヤーラティス用のペン立てがあったので使ってみました。浅い引き出しがあれば、横置き収納でも良いですね。