さらっとしたインド綿

リビングに古い茶色の革のソファがあります。

でも、シーツをリメイクしたカバーが革のソファーにはあわないのです。

f:id:hyakuyou:20160208021056j:plain

洗いざらしのシーツの布は、さわり心地が気持ちがよいので、大抵、古くなると、様々な物に作りかえているのですが・・・革にあわせるには、もうすこししっかりとした素材の方がよいみたい。

(↓は猫のクッションの記事です)

happysimple.hatenadiary.com

☆☆☆

300円ショップに寄ってみたところ、 なかなか丈夫そうなインド綿のカバーをみつけました。チャック式になっていて、裏は透けるくらい薄い生成りの布(多分麻だと思います)になっています。それでもシーツの布と比べれば、結構重さを感じます。こんなに厚地の布をおりこんでファスナーを縫いつけるのは自分で作っても時間がかかるので、ずいぶんお手頃だと思います。

そして、肌触りがさらっとしているところが気に入りました。300円ショップには、クッションカバーやマットなど、他にも素敵なものがありますが、化繊がはいっているものは、触れた印象がかなり違いました。肌に触れるものは、やっぱり素材が気になります。

f:id:hyakuyou:20170612201039j:plain