小物をコンパクトに収納 着物小物編

こんにちは。
今回は、小物の収納をご紹介します。着物には畳み方がありますが、小物についてもいろいろおもしろいしまい方があるんです。

たとえば、帯締めですが、通常、房が、広がらないようビニールのわっかがついていて、高級なものは、桐の箱にひとつひとつ仕舞われていたりしますからスペースを取ります。私の場合、普段使いの気軽なものばかりなのでこんな風にしまっています。

f:id:hyakuyou:20070101001334j:plain

 この結び方なのですが、結び目がちょうど、房をくるむように結ぶ方法で、房の部分がばさばさに広がったり、抜けてしまったりするのを防げるのです。

f:id:hyakuyou:20070101000625j:plain

 そして、腰ひもはこのように星形に折っていきます。

f:id:hyakuyou:20150101004322j:plain

腰ひもは、通常アイロンがけしませんが、このように引っ張りながら畳んでいくと次に使う時もしわしわにならないので、効率がよいのです。でも、けっこう大変なんです。

☆☆☆

このように、着物関連のものは、畳み方、結び方を工夫して丁寧に収納するものが多いですが、ただただ「投げ込むだけ」「置くだけ」「ぶら下げるだけ」という収納もあります。私の場合、投げ込むだけの収納がけっこう多いです。

f:id:hyakuyou:20170610160324j:plain

happysimple.hatenadiary.com