SIMPLE LIFE WITH CATS

古い家で快適に暮らすために模索中です

シンクの収納 水切りカゴと生ごみ受け

今回はシンクの収納をご紹介します。

生ごみ受け

以前は、こちらの生ごみうけを、15年くらい使っていました。取り付けるゴムの場所以外は、磨けばぴかぴかになるしそうじもしやすくて重宝していました。

 

しかし、キッチンに写真のようなカゴがついていたので、これまで使っていた生ごみ受けがつけられなくなりました。

f:id:hyakuyou:20170922151708j:plain

 そこで、水を切らなくてもよいものは、黄色のキャニスターに入れるようにしたら、意外に便利でした。

手元にもってきて、皮をむきながら捨てられるし、毎日入れるエスプレッソの粉やお茶がらなども容器をさかさにして手軽に捨てられます。見た目もかわいいし、もうすこし容量が大きければ、ちょうどいいかなと思います。

水切りカゴ

シンクの左側に水切りカゴを置きたかったのですが、幅がせまくて、これまで使っていたものを置けなくなりました。

ホームセンターで写真のカゴを1200円くらいで購入しました。サイズはぴったりとはいきませんが、伸縮性なので、シンクの外側にしっかりと引っ掛けることができます。

洗った皿などが目だたないので、見た目もすっきりしますし、箸たてを、反対側に差し込めば、食器の収納力もあります。大きな鍋は、横に布巾を一枚広げて、置けば、十分間に合います。

またカゴの下に水がたまるトレイがないので、トレイを洗う手間もありません。(※この商品には、流しの方に水が流れるように傾斜したトレイも付属していました。もう一つ購入してそのように使ってもよいかもしれません。)

洗うスペースが小さくなりますが、そこが気にならなければ、使い勝手がよいかなと思います。

f:id:hyakuyou:20170922151657j:plain