暮らしメモ

40代、時短労働で生きる道。ちょっと変わったライフスタイル。

戸建の寒さ対策

昨夜は寒くて目が覚めました。

戸建に引っ越してきて、寒さを実感しています。そうそう、実家はこんな寒さだった。

長いこと集合住宅に住んでいたので、冬場でもエアコンなしでも15度くらいあり、全体がすぐにあたたまりました。そんな生活をずっとしてきたので、戸建の寒さを一層感じます。今朝も、エアコンなしで、7度くらいまで下がっています。

明け方起こす猫たちは・・・昼間は寝てます。黒っぽい子は特に、触るとふかふか、あったかい。 

 

f:id:hyakuyou:20171225120202j:plain

この場所は、あったかいんだよなあ。
私も君たちといっしょに出窓にのっかって過ごしたい。

家が寒いのは室温のせいだけではないらしい?

古い家だからというだけではなく、断熱効果のある新築でも「室温が20度あるけど、なんだか寒い」と感じる方もいるようです。室温が十分でも、足元や、壁が冷たくて冷えた空気がたまっていたりするとそう感じるそうです。いわゆる体感温度というものでしょうか。

ただ、室温を上げるだけでなく、体感温度を高めることが重要なようです。

そこで、以下の対策をしてみました。

  • 部屋の空気を循環させる
    暖かい空気が上にたまっているのでサーキュレータを回す
  • 木造はエアコンを強くするほど、乾燥するので湿度もあげる
    加湿器を利用する。(種類によりかなりちがうので注意が必要です。)
  • 足もとをあたたかくする
    床暖房、ホットカーペットを利用する(ホットカーペットは、エアコンよりも消費電力がかなり少ないです。) 

窓の寒さ対策

また家の寒さの原因は窓が大半を占めるそうです。特に日本の古い家は、ガラスは一枚仕立てで、アルミサッシの枠は熱を伝えやすいので、せっかく暖めた部屋の温度をどんどん外に逃がしてしまいます。また古い家のため窓枠と窓に隙間が生じているかもしれません。

窓をチェックしたところ、窓に手をあてると冷気が伝わってきます。それで、このテープを使ってみました。手を触れると冷気の伝わりが少なくなったように感じます。

 

そして、今日もまた、対策をたてていました。またご紹介したいと思います。

 

シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ