CACAOの暮らしメモ

シンプルな暮らしのあれこれ

猫との暮らし、夏

梅雨明けの週末。

朝からセミの威勢の良い鳴き声。

とうとう、本格的な夏に突入でしょうか。

列車で汗ばみ、職場は冷え冷え、全く何をきたらよいのでしょう!

麻の七分袖のジャケットが活躍する時期です。

 

猫たちは・・・

朝は、窓辺で寝ています。

f:id:hyakuyou:20180627102455j:plain

午後になると、暑くなってきて、ここにもいませんが。

 

少し前は・・・

しまおうと思って洗ったクッションの上で。

f:id:hyakuyou:20180603141322j:plain

 

クーラーをつけない時間帯は、窓をすこしあけて換気したいので、ツッパリ棚や、ラティスをはめて対策をしています。

 f:id:hyakuyou:20180630131705j:plain

脱走するつもりがなくても、網戸によりかかって、網戸が外れて落下したら危険ですから。ツッパリ棚が不足したので、あわてて、2つ買い足しました。

でも、猫って、上手に手(前脚)を使うんです。犬とくらべると、引き戸をあけたり、ひもをひっぱったり、誰かをひっぱたいたり、ほんとよく手を使う。

レールの部分にすべらないゴムシートをはさんだゼムクリップをかませて、ストッパーにし、窓がそれ以上開かないようにしています。

 

猫たちも暮らしのルーティンがそれぞれあって、例えば、二匹の猫は、早朝、寝室にやってきます。一匹は、私の枕に一緒に頭をのせて添い寝をし、もう一匹は必ず足もとで寝るんです。そして、私が起きる時間になると、一緒に階下に降りるのです。

なぜ、毎朝そうしているのかわかりません。

しつけではないですが、何か良いことが起こると、その行為を繰り返すようです。

別の子は、私がトイレに入った時、しまりかけのドアの隙間に手を入れて、すっと入ってきたことがあります。手の使い方がとても上手だったので、「上手に入るものね、いい子、いい子」と大げさにほめたら、その後、トイレについてくるようになってしまいました。

トイレのドアを閉めると、にゃあにゃあ(開けろ)と催促するんです。ちょっとだけ開けてやると、手でドアを引いて得意げにはいってきて、足にまとわりついてきます。

困ってしまいますが、とてもかわいらしいですね。

でも、猫を褒めるときは、気を付けなければいけません。

にほんブログ村テーマ ちょうどいい暮らしへ
ちょうどいい暮らし

 

☆ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

広告を非表示にする