CACAOの暮らしメモ

40代、時短労働で生きる道。ちょっと変わったライフスタイル。

両親を自宅に招きました【親子の距離】

昨日、両親を自宅に招待しました。

涼しくなったからそろそろいいかしら?と妹に提案されて、お昼ごろ妹の運転でやってきました。

 

クラゲや蒸し鶏、チャーシュー、餃子、シュウマイ・・・など手料理を囲み、皆で食事をしました。

夫のクラゲの前菜は好評でした。

 

細く切られていない、頭の部分。

先週、横浜中華街で購入しました。

f:id:hyakuyou:20180815151059j:plain

両親とは、正月に会ったきりでしたが、

また年をとった気がして寂しい気がしました。

 

ご家族のいる方は、あると思います・・・

親への苦手意識。

実は母が苦手だったのです。

依存型な母。

「年をとったら、面倒みてくださいね。」と子供におねがいするような人。

自分で何にも決められない人。

まわりの奥さんを羨ましがってばかりいる人。

今の私の反面教師かもしれません。

親子なんて、生まれたその時から、始終一緒にいるわけだから、逃げ場がありません。子供ながらに、いらいらすることもありました。 

そういう気持ち、伝わりますでしょうか?

でも、年に数回あうだけの関係になってからは、すこしは親孝行できているかな、と思います。

たぶん、意識して距離をとってきたからだと思います。

冷たいかしら?

先日介護番組で、「親の介護には、介護士さんになったつもりで敬語で対応すると、イライラせずにできる。」という話しをききました。

人との関係は距離が大事、家族でさえも、そう思ってしまいます。

 

★日本ブログ村ランキング★

シンプルライフ

二人暮らし

40代の生き方

 

★日本ブログ村 テーマ★

自分らしく気まま生活!

40代の今想う事語れる事

40代からの似合う服と小物の選び方