暮らしメモ

緑の多い古い家で、シンプルに暮らしています。

すっきりしない家【実家が片付かない理由】

妹と二人きりで話をしたとき、

「実家がもう少しすっきりするといいんだけれど。」

と、嘆いていました。

父母の世代は、物があること=豊かさ のイメージがあって、あまり、物を捨てたがらないようです。

実家はそれほどではないようなのですが、同居している妹曰く、それでもすっきりしないそうなのですよ。

それには、もうひとつ、理由がありました。

 

それは・・・

スペースがあれば物を置く習慣。

眼鏡、新聞の切り抜き、メジャー、けしごむ・・・とにかく、平らで開いている場所があると、とりあえず物を置きます。

この忌々しい習慣。写真を撮っておみせしたい!

最近は、父がものを探す光景が増えたそうで。

DIY好きな父は、棚の上や中に、さらに細かい棚をつくり、整理できるようにしたらしいのですが、

「結局、その棚もごちゃついているの!」と妹は、笑い話にしていました。

 

ですが、一昨日、両親が私の家に訪れたところ、

キッチンやリビングが、使いやすいと、感心したようす。

f:id:hyakuyou:20180508151834j:plain

このキッチンは実家のものより、ずっとグレードが低いタイプですし、まわりの家具も、10年以上使っている古いものばかりです。

「このキッチンの方が使いやすいわ!」と母が感激しているのをみて、父が、嫌な顔をしておりました(^_^.)

おそらく、流しがどうというのではなく、調味料の場所や、食品のストックの仕方、家具の配置による動線などの問題でしょう。

そこで、「今度、整理するの手伝いましょうか?」と提案したところ、ぜひ来てほしいと、頼まれました。

 

「実家の断捨離は難しい。喧嘩になる!」とききますが、うちもそうなんです。

 

無理強いすると、双方、気分が悪くなるので、口を出さないようにしていましたが、やはり暮らしやすさは違いますので、一度手伝いに行こうかと思っています。

でも、この年になるまで続けた習慣って、なおるものなんでしょうかね。

 
 

★日本ブログ村ランキング★

シンプルライフ
二人暮らし
40代の生き方